バリ しあわせ日記

バリでの日常や子育て、私たちのお店、kunciのことなど、つづります。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長い1年、長い1日、バリに家を建てた!

昨年7月から始まった我が家の建築、まだ完了していなかったけれど、6月に引越しを
済ませました。この1年泣き笑い、苦労のほうが多かったような気もしますが、、
それでも7月下旬、ようやく工事を一旦終わりにし、7月28日に家のお祭りをすることができました。

お祭りは朝の6時半ごろから始まりました。
ヌガの実家から、40人くらいの人と、たくさんのお供え物が届き、一気に準備が整いました。
あっという間の出来事。車に慣れない人たちが2時間近く車に揺られ、早朝からやってきたのに、
みんなお祭りとなったら、疲れ知らずの働きぶり。
私はただ関心するばかり。


落とさないように緊張してます

プマンクのマントラとともに何度手を合わせたことでしょう・・。
ひとつひとつのことにちゃんと意味があるのだと思いますが、まるで分からない私は
ただただ感謝。
画像の儀式は、神様を迎え入れるらしい・・・です。


大もティルタ(聖水)をいただきます

実家近所の友だちがたくさん来ていて、大は遊びっぱなしでしたが、ちゃんと聖水いただいて
色んな意味で落ち着いたようです。


北東側からの外観

家はウブド中心から車やバイクで7~8分のところです。
まだまだ田んぼも多く、とても静か。近所には「トゥラン・ブラン 」というコテージがあり、
嬉しいことに奥様は日本人、だんなさまも優しくて、何かと心強くありがたい存在です。


ランドスケープも現在進行中

今はお庭を作っています。
芝(?)のようなものを植えたり、鉢物を見に行ったり、、、。
大きなきも植えたいな~と夢は膨らみます。


憧れだった丸いテーブルと広いキッチン

以前、インテリア、建築関係の仕事をしていたこともあり、
家のプランニングは自分でしました。
構造はわからないので、建築家さんに図面をお願いし、工務店ではなく、職人さんに依頼。
現場監督はヌガが自らやりました。

躯体が出来てからは、毎日現場通いが必要で、
職人さんとの金銭的問題や、感覚、意識の違い、ここでの常識、私の認識不足、などなど
気が狂いそうになったこともありました。


妥協したところもたくさんありますが、それでも気に入った空間が出来たこと、とても嬉しい!
(細かいところは見ないことにしました!)
広いキッチンとたっぷりした収納、丸い食卓テーブルはインテリアの仕事をしている時からの
あこがれでした。


オープンな階段

ここは鉄筋コンクリートの躯体ですが、階段部分の梁の位置が間違って仕上がり、
階段の収まりにはずい分頭を悩ませましたが、結果的にはインテリアの一部のような
オープンな階段スペースが出来て、結果OKとなりました。


1階は広々としたオープンな空間。
3人で住むには、広すぎた・・?と言う感じですが、大の友だちが来て、
走り回ってもさほど気にならないので、良かったかな。
掃除はかなり大変ですが・・・。


これが見たかった!!

ヌガと結婚して今年10年目。バリ人の習慣と言っても過言ではない、
「朝起きたらコーヒー」、私はこの習慣、ヌガと結婚してからのものですが、今ではなくては
ならないもの。そんなコーヒータイムを、アグン山の脇から広がる朝日を浴びつつ飲めるなんて。

朝日は夕日よりも、少し幻想的でステキです。
少しの時間、少し心を静かにしての、格別なコーヒータイム、、、。
さて、そこからは現実的、「大~早く起きなさい!!」


関わってくださった多くの方々への感謝と、そしてたくさんの人が集える場所になりますように。
お近くへいらした方は、是非遊びにきてください。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/02(水) 11:26:46|
  2. 未分類

超お気に入りの石鹸 sabun alami ubud

引越しが終わってややも1ヶ月半。
やはり落ち着ける自宅ができたからなのか、最近はちゃんと主婦もしています。
土曜日毎にクロボカンでやっているオーガニック野菜のマーケットへ出かけ、1週間分の野菜や
大型スーパーに立ち寄り、お肉やお魚も買出してきます。

オーガニック野菜を売っているのは、クロボカンにある「コロニアルリビング」というカフェの一角。
その横で、ココナツオイルベースのナチュラル石鹸が売られていました。
アタのカゴに無造作に並んだ四角のかたまりたちは、食べれるの?と聞いてしまうほど可愛らしい。


量り売りしてくれます

売っているのはウブド在住のさつきさん。
「え~。こんなところで会うなんて~」と話も弾みつつ、早速2種類の石鹸のお話を聞きました。
さつきさんは2人のお子さんのママ。
家族のために作り始めた石鹸は、とってもやわらかい使い心地で、やさしい香り。


ありがたいことに、ここバリではナチュラル石鹸がお手頃な価格で手に入るので、今までも
いろいろなものを使ってきました。
しかし!こんなにハマったのは初めて~~!


作っているさつきさん

使い始めてややも1ヶ月半が経ちますが、友人からは「肌白くなった!?」と言われたりして嬉しい!毎週ごとに新しい香りのものが作られているので、石鹸選びが楽しみになっています。

やっぱり愛のあるものは一味違う~。
もちろん石鹸は味ではないけれど、家族を思いやることから出来上がった石鹸。
愛をおすそ分けしていただいてる感じで、お風呂タイムがなんともやさしい時間になっています。

私のお勧めはバンクワン。
洗い上がりがすべすべになります。
他にもキッチンソープなど作っています。
すごいわ~さつきさん!
先日は1キロくらいまとめ買いしているチャイニーズがいたよ、確か。


黒いのはキッチンソープ

石鹸の情報は下記ホームページから。
http://www.pakirbungalows.com/index.htm
  1. 2009/08/20(木) 12:30:32|
  2. 未分類

あ~感謝いっぱい「いくらご飯」

贅沢な朝ごはん

先日日本から友人3人組がやってきました。
宿泊はヌサドゥアなのに、建築中の家を見たいから!と車をチャーターし、はるばるウブドまで。

とってもやさしい人たちで、日本から持っていって欲しいものあったら、準備するよ~、と
やさしいお言葉に甘え、「空港でいくらの醤油漬け」と「たらこ」をお願いします!
と遠慮なくお願いしていた私。

ウブドに到着した友人と久しぶりの再会に「キャッキャ」っとはしゃいでると、がっかりした顔で、
「ごめんね、、、いくら。。。成田空港の待合室に忘れてきてしまって、、、。」と
私以上にがっかりした顔での報告。

「あら~残念、、、」と思いながらも、すまなそうにしている友人たちのほうが
はるかに気の毒な様子。
「大丈夫ですよ~、かえって申し訳ない・・・せっかくのバリ旅行でこんな思いさせてしまって、、」と。

しばらく「ごめんね、、」「大丈夫よ~」の会話が続いたものの、
完成間近の家を見てもらって、しばしの再会を楽しみました。

ヌサドゥアに戻った友人から、次の日電話。
「成田で拾得物となったいくらが、明日のバリ便で到着することになったよ!」と。

ひえ~、すごい。
いくらとたらこが1人で(?)飛行機乗ってくるのもすごいけど、なんとか私たち家族に
いくらを届けてあげたい!とJALや成田や、おそらくあちこちに電話をかけまくってくれた
友人がすごい!!

この友人3人組は60歳過ぎてる人。けど、すっごくハツラツしてる。
のんびりするはずのバリで、私たちのために、最善を尽くしてくれて本当に感謝いっぱい。

本当に感謝いっぱいで、いくらご飯を食べつつ、幸せな気持ちになりました。
本当にどうもありがとうございました!
すごく美味しかった!ごちそうさまでした。



  1. 2009/07/05(日) 12:13:41|
  2. 未分類

ガキんちょから少年へ

先日息子が7歳の誕生日を迎えました。
ほんの1週間前に1年生の終業式を迎え、色々あった1年だったけれど~と
感慨深い思いになったばかりの私だったけれど、
このたび迎えた7歳のお誕生日にも、彼の成長の道筋に感慨深いものがありました。


おめでとう!7歳
ティラノザウルスケーキだよ

彼にとってのお誕生日はプレゼントをもらうこと!まだまだそれが何よりも嬉しい様子。
それでも、一緒にお祝いしてくれる友人たちの兄貴分となり、少しづつ自分より小さい子への
配慮も出来るようになってきた様子。
みんなにピザを取り分けてあげたりする姿はに私も目を細めました。
(あ、いつも細いんですけれど、、、)


子供たちはピザで乾杯!


色んな意味で「少年」へとなっていくこれから。
大切なことを、ちゃんと見せられる母親でいたいな、と私の気持ちも新たにしました。


髪の毛が伸びると3分刈りにしていた坊主頭も、先日ヌガとワハユ(nanan)と
サロンへ行き、いまどき風にカットしてきて大満足の様子。
帰って来て一言、「サロンのお姉さんってかわいいんだよ!」

サロンデビューしました!


手ごわそうな息子。。。。
元気に7歳を迎えてくれて、どうもありがとう!


  1. 2009/06/22(月) 11:22:03|
  2. 未分類

もうすぐ完成!?

気がつけば2ヶ月近くも更新していなかった、、、。
ご覧くださっている皆様、すみません!

みんなでお祈り


さて、3月に完成を予定していた家の建築も、やっとやっと完成が見えてきました。
(2ヶ月も遅れてるよ~)
今借りていオウチの契約が6月末、それまでにはどうやっても引越ししなくては!と
いうことになり、いつ引越ししてもいいように、と先日、「住んでもいいよ」のお祭りをしました。

ここではバリ暦の「日」がとても大切。
家のお祭りにいい日はもちろん、引越しにいい日や、もちろん、建築始める日ももちろん、
バリ暦から日にちを決めます。
というわけで、まずはオウチのお祭りをすると、引越しも出来るわけなんです。

ヌガの実家のあるテジャクラから、プマンク、親戚、知人、お供え物がやってきて、
まだ完成はしていないものの、完成の雰囲気は感じられる「家」の中で、
私たちのオウチに対してのお祭りが始められました。


プマンクのお祈り

バリの嫁となり、バリに住んで5年半、色々なお祭りを見てきたけれど、家のお祭りは
初めてのこと。これからここへ住むことを考えると、ちょっと緊張、、、。
家の隅々までお祓いし(お祓いって言うのかな・・?)いろいろなものに感謝して、
11ヶ月の道のりを思い出し、喜びで胸いっぱいになりました。


2階だってお祓いします

まだまだ小さい工事がたくさん残ってはいるものの、ようやく自分たちの家が完成するんだ~!
の実感は新しい夢をも膨らませてくれます。
引越しは6月末ごろの予定。
まだまだ張り切って、現場のお掃除おばさんに徹します。
  1. 2009/05/29(金) 17:29:06|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

kunci

Author:kunci
  
  結婚を機にバリ島へ
  ここは面白くて刺激的。

ウブドで「kunci」というニット専門のお店を
しながら、子育てや仕事、宗教行事、

    思うように行かないこともあるけれど
    「しあわせ時間」を過ごしています.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。